ニュース

幕張メッセのジャンプイベントで高校生の頭に火をつけた犯人ひなたは宮下日向太!

7月21日、千葉市の幕張メッセで行われたイベント、

ジャンプビクトリーカーニバル2019でライターとスプレーを使い男性に火炎放射する動画が問題となっていましたが、16歳の男子高校生の頭に火をつけてケガをさせたとして、19歳の少年が逮捕されました。

報道では未成年という事で名前や顔写真は公開されていませんがネットでは犯人の名前と写真が特定されています。

ビクトリー カーニバル火炎放射の被害者は誰?名前・顔画像にツイッターが特定? 「ジャンプビクトリーカーニバル2019」の火炎放射の動画が問題となっていますが、今回被害にあった男性は大丈夫だったのでしょう...
ビクトリーカーニバルで人に向けてスプレー缶で火炎放射!犯人の男はひなたで特定? 7月21日に幕張メッセで行われた少年ジャンプのイベント「ビクトリーカーニバル2019」でスプレー缶とライターを使って人に火炎...

ビクトリーカーニバルで火炎放射した犯人を逮捕!

これが問題となった動画です。

千葉市美浜区幕張メッセで男子高校生(16)の髪を燃やした疑いで、千葉県警東京都大田区の予備校生の少年(19)を傷害容疑で逮捕し、27日に発表した。少年は「友人に手を出そうとしていたのでやった」と容疑を認めているという。髪が燃やされる動画はインターネット上で拡散し、問題になっていた。

千葉西署によると、少年は21日午後3時~同3時半ごろ、幕張メッセ国際展示場ホール内で、ライターの炎にスプレーのようなものを噴射し、栃木県那須塩原市の男子高校生の後頭部に引火させ、頭のやけどで1、2カ月のけがを負わせた疑いがある。

ホールでは当時、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」など3誌のイベントが開かれていた。主催の集英社によると、イベントは抽選で当たった人と、同行者だけが参加できた。動画では、若い男が高校生ともめているような様子の後、少年が近づいてスプレーのようなものを噴射し、高校生の後頭部から炎と煙が上がる様子が映っていた。

引用:朝日新聞

犯人の少年は「友人に手を出そうとしていたのでやった」と供述しているようですが、動画を見てもらえばわかりますが、手を出しているのは友人の方で被害者は嫌がって抵抗しているだけのように見えます。

動画の前後に何があったのかは分かりませんが、

「アハハハハッ!」

「ヤバい、全然撮れてないかもしれねぇ!」

「白くなったwww!」

など終始笑いながら動画を撮影しているところなどちょっかいを出しているのは明らかに犯人達で「友人に手を出そうとしていたのでやった」という供述は矛盾しているように見えます。

それに火をつける手際も慣れているようですし、この動画を撮るためにちょっかいを出したようにしか見えないです。

幕張メッセで頭に火をつけた犯人は宮下日向太?

報道では未成年という事で犯人の名前や顔写真は公開されていませんがネットでは犯人の写真と名前は宮下日向太である事が特定されています。

ツイッターのアカウントも特定されていますが現在は鍵がかけられています。


当初は宮下日向太は火をつけた犯人ではなく動画を撮影していたと思われていましたが、被害にあった本人が撮影者は別で火をつけたのがひなただとツイートしたことから宮下日向太が犯人という事が分かりました。

  • 名前:宮下 日向太
  • Twitterアカウント名:ひなた

「高卒/鳶/卍19の代卍」とありますが、報道では予備校生となっていたので鳶職はバイトか何かでやっていたのかもしれません。

都立青山高校を卒業しているようです。

幕張メッセで頭に火をつけた犯人は宮下日向太にネットの反応は