ニュース

伊住祐輔の顔画像、大阪の障害者施設で患者の男性が死亡、介護福祉士が暴行で逮捕?

今年3月、大阪府茨木市の障害者福祉施設

「障害者サポートセンター清水」で

当時30歳の男性に暴行を加え死亡させたとして

介護福祉士の伊住祐容疑者(40)が逮捕されました。

伊住祐輔容疑者は暴行はしていないと容疑を否認しています。

伊住祐輔容疑者についてまとめていきます。

伊住祐輔の顔画像

伊住祐輔容疑者の顔画像になります。

伊住祐輔のプロフィール

名前:伊住祐輔

年齢:40歳

住所:大阪府箕面市

職業:介護福祉士

容疑:傷害致死

伊住祐輔の事件の詳細

今年の3月、伊住祐輔は

入所中の重度の知的障害がある男性に対して

男性が寝ず徘徊する事に腹を立て個室から別の部屋に移し布団に引き倒し

首を押さえつけたり腹部に乗るなどの暴行を加えて死亡させたとされています。

死亡した男性は、胸や腹に複数の打撲の痕があり、のどの骨も折れていたという。

この男性は1泊2日の予定で短期入所していましたが、

そのわずかな間に暴行をされて亡くなった事になります。

伊住祐輔は施設の調査に対し寝かせつかせた後に心配になって

様子を見に言ったら冷たくなっていた

「腕をつかんだりしたが、打撲になるようなけがはさせていない」

と説明し容疑を否認しています。

大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で今年3月、入所者の男性(当時30歳)に暴行を加えて死亡させたとして、大阪府警は13日、施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)=同府箕面市=を傷害致死の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は3月22日午後~23日午前、施設に入所中の男性の腹部に乗るなどの暴行を加え、24日に死亡させたとしている。

施設によると、男性は重度の知的障害があり、22日夕から1泊2日の予定で短期入所していた。23日午前1時ごろ、男性が布団で冷たくなっているのが見つかり、心肺停止状態で救急搬送され、24日朝に死亡が確認された。

伊住容疑者は施設の調査に対し、「(男性を)寝つかせた後、心配になって様子を見に行ったら体が冷たくなっていた」などと説明し、暴行を否定している。毎日新聞の取材に対しては「答えられない」と話していた。

引用:Yahoo!ニュース

伊住祐輔にネットの反応は

https://twitter.com/kawatsukirappa/status/1139002531034554368