ニュース

イヤホン長時間の使用で『耳の穴にカビ』痒みや痛み難聴の原因は〇〇だった?

じめじめしたこの時期カビが発生しやすくなっていますが、

耳の穴の中にもカビが生える事があるそうです。

想像するだけでかなり怖いですが、カビが生える原因とネットの感想を

まとめていきます。

耳の穴の中にカビが生える原因はなに?

ジメジメとしたこの時季に生える嫌な「カビ」ですが、気をつけないと“耳”にも生えるそうなんです。

 ジメジメする梅雨のこの時季、皆さんも嫌なアレ、気になっているようです。

「蒸し暑くてカビが気になります。洗濯物も生乾きだとカビが発生するし、カビが生えないように気を付けています」
「年間を通して(この時季は) 一番カビが生えやすいですね」

多くの人が気になる「カビ」。でも実は、耳の穴の中にカビが生えてしまうことがあるそうなんです。

 いったい、なぜこうした現象が起きてしまうのでしょうか?

名古屋市中区にある「栄セントラル耳鼻科」の専門家に聞いてみると、ある条件がカビを生えやすくする環境を作るそうなんです。

「“イヤホン”や耳栓を長時間耳に入れると(耳の中が)高温多湿になり、カビが生えやすい。外耳道真菌症(がいじどうしんきんしょう)といいます。足と同じように耳の中にも水虫がわくイメージ」(栄セントラル耳鼻科 服部忠夫 理事長)

 カビが生える環境を作ってしまうのは、通勤や通学途中に長時間使いがちな「イヤホン」なんです。

イヤホンなどをして耳の中が高温多湿の状態がつづくと、場合によっては耳の穴の中にカビが生え、このカビが原因で外耳道真菌症(がいじどうしんきんしょう)になるといいます。

さらに、かゆみや痛みといった、症状が出ることも…。

 普段、何気なく使っているイヤホン。専門家によると、イヤホンのほかに、日ごろ行うある行動にも注意が必要と指摘します。

「耳かきのしすぎによって、(耳の中に)傷がついてカビが発生する。耳の中がとにかくかゆくなる。痛みを伴うこともある。耳の中でカビが多く発生しすぎると、耳が聞こえにくくなったという患者もいます」(栄セントラル耳鼻科 服部忠夫 理事長)

耳の穴の中に傷ができた状態で、耳をふさぎ続けるとその傷のまわりにカビが発生することも。

こちらの医院でも、年間に、痛みや痒みを訴えて受診した患者の約50人が、耳の中のカビが原因だったというのです。治療には、長引くと1~2か月かかることも。

 ではどのようにして耳の中のカビを防げばよいのでしょうか?

「耳はなるべく触らない方が一番いいといわれています。どうしても触りたくなったら、(耳の)入り口を綿棒などで触る程度でいい。イヤホンよりはヘッドホンの方がいい。イヤホンも1時間ごとに外して、外の音を聞いてみては」(栄セントラル耳鼻科 服部忠夫 理事長)

引用:Yahoo!ニュース

要するに耳の中が蒸れてカビが生えるって事ですね。

そんな事ないだろって思いたいけど

こうして医者が言ってるのを見ると信じるしかないです。

対策としては定期的に乾燥させる事でしょうから、

イヤホンや耳栓を定期的に外したり、あとは濡れた手でつけないようにしたりですね。

普段はワイヤレスのイヤホンをずっと使ってるんですけど

正直かなり怖いのでヘッドホン買います。

たかだか数千円で安心を買えるなら安いものです!

コレをもしケチって耳にカビが生えたらと想像すると・・・

もう生けていけない・・・

耳の穴のカビに対してネットの反応は

https://twitter.com/Ben_Fujin/status/1138764982739357697

https://twitter.com/sus_for_mii/status/1138763495594315777

https://twitter.com/shinsanworks/status/1138762926100115457

https://twitter.com/1elpis/status/1138757201290383360